• 本社(香川)

    TEL087-864-3388

    FAX087-864-3386

    〒761-0301 香川県高松市林町2217番地2
    (インテリジェントパーク内)
    FAX 087-864-3386

  • 東京営業所

    TEL080-4931-7598

    FAX048-423-5316

    〒353-0004 埼玉県志木市本町5丁目22番13号 桂ビル3F
    FAX 048-423-5316

お問い合わせフォーム

Copyright © 株式会社パル技研 All rights reserved.

✕ 閉じる

マイクロ波侵入監視センサBSS01/BSM02

マイクロ波侵入監視センサ

自然環境に強く距離計測が可能な侵入監視センサ

従来のドップラー方式や赤外線遮断方式と異なり、FMCW方式を採用することにより、距離と反射レベルにより侵入を検知。従来に比べて誤報を低減できるようになりました。24Ghz帯特定小電力無線局、技術基準適合証明(ARIB STD-T73)に準拠しており、使用の際には面倒な無線局免許申請が不要です。また、国内では屋内外を問わず使用できます。

特徴

自然環境に強い 雨・風・雪・霧・光などの気象条件に強く、環境の厳しい屋外でも誤検知が少なく、高い信頼性を提供します。
長距離監視が可能 人体の場合は、検知距離が対向型で最大200m、自立型で最大100mの長距離を監視できます。
広い検知領域をカバー 検知領域は、アンテナのビーム角度に依存し、赤外線センサに比べセンサ単位で広い検知領域をカバーします。
侵入位置検知が可能 侵入位置を検知できるため、侵入検知領域、非検知領域を設けることが可能です。
設置調整やセンサ増設が容易 赤外線センサの様なシビアな光軸合わせは不要です。センサ自信が電波干渉を回避できるため、センサの増設が容易に行えます。
誤報を低減 FMCW方式を採用し、距離と反射レベルで侵入を検知するため、誤報の低減が可能となります。

仕様

  • 型式 BSS01/BSM02
    測定周期 Max. 10msec/1回測定
    測定方式 FMCW方式
    外形寸法 BSS01:190(W)×196(H)×92(D)mm
    BSM02:180(W)×152(H)×52.5(D)mm
    検出方式 自立型:マイクロ波ビーム反射検出方式
    対向型:マイクロ波ビーム遮断検出方式
    材質 BSS01:[レドーム部:AES 背面カバー部:アルミ]
    BSM02:[レドーム部:AES 背面カバー部:AES]
    技術適合 "ARIB STD-T73"に準拠(日本国内に限る)
    重量 BSS01:2kg以下
    BSM02:0.9kg以下
    発振周波数 24.05~24.25GHz
    電源 BSS01:DCタイプ [DC11~30V]
       :PoEタイプ [IEEE 802.3af準拠]
    BSM02:DC11~30V
    周波数帯域幅 200MHz max.
    消費電力 Typ.7.5W(Max.15W)
    発振出力電力 10mW max.
    動作周囲温度 -20~60℃(氷結、結露なきこと)
    アンテナ指向性 水平面:約6° 垂直面:約15°
    保存周囲温度 -30~75℃(氷結、結露なきこと)
    同時動作台数 半径400m内に46台まで設置可能
    防水レベル BSS01:IP67相当(耐塵浸漬)
       :ケーブル適合外径 [φ8.5~14(1穴)]
       :適合コネクタ外径 [φ14以下(RJ-45プラグ適合)]
    BSM02:IP30相当
    検知範囲(対向型) 検知距離:0~200m(基準リフレクタ)
    条件:雑草・樹木なきこと
    I/F 警報出力2点、監視中出力1点
    タンパー接点出力1点(BSS01のみ)
    イーサネット(100Base-TX/10Base-T)
    検出範囲(自立型) 検知範囲:3.5~100m(基準リフレクタ)
    発報幅:アンテナ角度に準ずる
    条件:雑草・樹木なきこと

外形図(単位:mm)

オプション品

    ※仕様は予告なく変更することがあります。
    ※この商品は、万一発生した盗難事故、人身事故、災害事故、環境破壊事故および機器のご使用方法の誤り、保守点検の不備、天災地変(誘導雷サージ含む)などによる事故損害については、責任を負いかねますのでご了承ください。

    カタログ




    用途事例

    他の製品